スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BABEL

本年 34本目 「バベル」

菊池凛子がなんやらの新人賞を受賞した映画と言う事で、見たかった映画でした。
菊池凛子と役所広司親子、アメリカ人夫婦、その子ども2人と家政婦と、家政婦の息子。ハンターのガイドの家族。
ある一つの事件がきっかけにそれぞれが最悪の状況に陥って行く。

菊池凛子が見たかっただけなのに、こんなに嫌な気分にさらされるのなら見なきゃ良かったなぁ。後味の悪いストーリー。予備知識ゼロで見ていたから、終始訳のわからないイライラ。終盤でようやく全員の関係性がわかるのですが。

菊池凛子のすっぽんぽんも、美しいとはいいがたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAN-cob

Author:TAN-cob
2012年は、映画を観るぞ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。